?EArTHとは?
 理念
我々は、ネパールに住んでいるチベット人やネパールに住むヒマラヤの人たちの眼科医療支援活動を行っております。

2年間ネパールの国際医療にかかわり、この度3か月ネパールに滞在し現地の眼科医療を支援しながら実際に現状をみて必要と感じた以下の3項目を目標に活動しています。

  1. アイキャンプの活動を現地で行いヒマラヤ地域のアイキャンプ活動が少ないことを肌で感じました。そのため我々が続けているNAMO BUDDHA寺院でのアイキャンプを毎年続けることでネパール語のあまり話せない山の民(チベット人やヒマラヤの民)の眼科医療を支援します。そして可能であればゴルカ地方、マナン地方、ムスタン地方などのヒマラヤ地方の地域にもアイキャンプ支援を広げていきたいと思っています。
  2. 最終的には自分たちの力で自分たちを治療、支援できるようにこれらの地域の人たちの中から現地医師を育成します。医学大学就学前の学生の中から成績の優秀な医師希望のあるヒマラヤ、チベットの学生の里親を探し医師になるまで支援します。医師になった後は3年間我々の組織に協力してもらい現地医師として一緒に働くことで日本の知識や技術も習得してもらいます。
  3. 独居老人が多く、劣悪な環境で生活しています。そのため、病気にかかり亡くなる人も少なくありません。子供の支援をする孤児院、僧侶の支援などは多いネパールですが、老人に対する支援はほとんどありません。そのため、老人ホームを建設し、彼らが最低限の生活を営めるように支援をします。
 沿革
2009年3月22日−24日

第1回NAMO BUDDHAアイキャンプを施行。

3人のボランティア医師、看護師で現地の眼科医会と協力。
外来483人、手術39件施行。
2010年3月2日−4日

第2回NAMO BUDDHAアイキャンプを施行

12人の日本人チームを派遣し、現地の眼科医会と協力。
外来550人、手術67件、メガネ処方237人。
2010年3月27日

NAMO BUDDHA 1ヶ月後検診

どのアイキャンプも術後フォローが難しいアイキャンプで全員診察、眼鏡処方を行ってきました。
2010年4月1日

NGO団体 EArTH 設立。

現地での活動を持続したいメンバーでボランティア団体EArTHを設立。


EArTHとは?
inserted by FC2 system